消費者金融の金利とは?

消費者金融の金利とは?

金利とは、みなさんもご存知の通り、年間で借入した金額に対してつく利息のことです。実際のところ、審査甘い消費者金融でお金を借りるとどのくらいの金利がかかるのでしょうか?

上限金利とは?

上限金利は、「賃金業法」という法律できちんと定まっています。
・10万円未満の限度額の借入の金利は、20.0%が上限
・10万円以上~100万円未満の借入の金利は、18.0%が上限
・100万円以上の限度額の借入の金利は、15.0%が上限
となっています。
限度額とは、借入することができる最大の金額の事です。もし10万円が限度額の場合は、10万円以内の金額なら自由に借入して返済額が可能ということになります。しかし、上記の賃金業法は、初めに消費者金融と契約した貸付枠の金額にあてはまります。たとえば、貸付金額が20万円の貸付最大枠が50万円の方は金利が18%になります。同じく貸付金額が20万円で貸付最大枠が100万円の方は、金利が15%になります。このように同じ金融業者から同じ額を借り入れしたとしても、金利が異なるということもあります。

金利が下がる場合とは?/

自分で低金利を交渉しない限り金利は下がるということはありません。しかし、下記の点があてはまるなら交渉次第では金利を下げることもできます。
1、契約が3年以上続いており、滞納をしていない場合
契約を長期間行っているなら金利が下がるケースもあります。金融業者によっては3年目で自動的に金利が1%引き下げになるところもあります。
2、限度額を100万円以上に増枠してもらう場合
借入枠を100万円まで増枠することが可能なら15%に金利を下げることができます。

借入をする場合は上限金利で計算しておくことが妥当でしょう。